宅建業免許変更届【役員を変更。書類の省略について。】

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近、多い役員変更届についてです。

代表者・役員の就任の必要書類
・宅地建物取引業者名簿登載事項変更届出書
・身分証明書
・登記されていないことの証明書
・略歴書
・履歴事項全部証明書
・誓約書

※書類の省略
例えば、今まで代表者だった方が監査役になる場合は、代表就任時に「身分証明書・登記されていないことの証明書」を提出しているのでこの二つの書類を省略することができます。

-----------------------------------

宅建業開業・新規免許取得をお考えの方へ



宅建業免許取得は開業者様ご自身でも、
かなりの手間はかかりますが、
可能です。
そして誰がやっても許可内容の結果は同じです。

であれば、代行サービスは、
開業者様がご自身で取得するよりもメリットがあるものでなければならないと考えます。

1,そこで大事なのは、なによりもご料金
そこで当事務所では、業界最安40,000円で宅建業免許取得するサービスをご用意しました。
これは、宅建業免許取得に関わる実作業が大体実働4日程度を要すると考えられることから逆算したギリギリの料金です。 (業界相場8万円のところ、このような低価格を実現できたのは、
宅建業経験のある行政書士が、宅建業免許取得に専門特化した事務所の強みを最大限活かした結果です。)

提出必要書類の一部です。
2,そして確実性・迅速性も大事です。

実働4日程度というのはスムーズにいった場合であり、不備等があると5日以上がかかることになり、 それであれば確実に遂行できる行政書士に任せたほうがお得と考えます。
また、不備があると宅建免許の取得時期が1週間から10日単位で後ろ倒しになり、その分開業が遅れ、 ロスが生じ、賃料の無駄払い期間が長くなり、営業上も損失が生じてしまいます。

結局、行政書士に頼むことを渋ったばかりに、 営業開始が遅れて損をしてしまったということにもなりかねません。
我々は宅建業勤務経験のある知識豊富な専門行政書士が行いますので、より確実です。


これであれば、私どもに任せて、その4日分をご自身の開業準備・営業活動・資金作り(宅建業以外のアルバイトはOKです)に振り向けたほうが、有意義ではないでしょうか。

免許取得に至るまでに必要な提出書類は30種類を超えます。 そしてこれらを手引きを読んで正確に理解した上で間違いなく記載することはなかなかの重労働です。
もしもご面倒とお感じになられましたら、
ぜひとも我々に40,000円でお任せください!


         

ソーレ行政書士事務所
担当行政書士:折戸美樹子(登録番号:第10082575号)
ご相談・ご依頼はこちらからお気軽に

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takken.main.jp/mt-tb.cgi/324

担当行政書士


<折戸美樹>
宅建業経験を活かし、取得後の経営面もサポート

最近の記事

宅建業免許変更届【役員を変更。書類の省略について。】
最近、多い役員変更届についてです。代表…
【宅建業免許更新】業者票と報酬額表に落とし穴!?
更新時の事務所写真の注意点です。その① …
【宅建業免許更新】前回から要件が厳しくなっていることもある
免許更新の申請書を提出した際、事務所の…

料金一覧表

申請内容 証紙代
(法定費用)
報酬(税込) 合計
新規知事 33,000円 40,000円 73,000円
新規大臣 90,000円 52,000円 142,000円
更新知事 33,000円 42,000円 75,000円
更新大臣 33,000円 54,000円 87,000円
変更
知事・大臣
0円 31,500円 31,500円
保証協会
加入申請
協会による 31,500円 31,500円
賃貸住宅
管理業者
登録手続
9,000円 9,000円

提携企業


    相続対策のスペシャリストとして、有資格者監修のもと相談者の財産診断、生前対策、不動産有効活用、貸宅地の権利調整や有効活用、また相続後でも、相続税申告に関する事を包括的にコンサルティングしております。

    宅建業免許×大阪申請ナビ
    大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀の宅建業免許申請はお任せ下さい!「最良のサービスで、たくさんの感謝を集め、たくさんの絆を結ぶ」をお約束し、経験とノウハウで皆様を強くバックアップします。