宅建業免許申請を40,000円で! 安くて迅速! 宅建業専門行政書士:

orito 【宅建業免許更新】直前期に宅建業の取引がないのですが。。。 (2017年8月29日 19:14) | コメント(0)
 !宅建業免許更新の注意点!直前期に宅建業の取引実績がない場合、「宅建業の実績がないことの理由書」の提出が必要になります。理由書なので「なぜ」実績がなかったのかの理由を書くのですが、自治体によってどの程度書けばよいのか扱いは異なります。個人的には神奈川県が一番細かいのでは?と感じます。(先日も虫眼鏡で事務所写真をチェックされましたし。。。)…

orito 宅建業免許変更届【役員を変更。書類の省略について。】 (2017年8月10日 06:54) | コメント(0)
  最近、多い役員変更届についてです。代表者・役員の就任の必要書類・宅地建物取引業者名簿登載事項変更届出書・身分証明書・登記されていないことの証明書・略歴書・履歴事項全部証明書・誓約書※書類の省略例えば、今まで代表者だった方が監査役になる場合は、代表就任時に「身分証明書・登記されていないことの証明書」を提出しているのでこの二つの書類を省略することができます。…

orito 【宅建業免許更新】業者票と報酬額表に落とし穴!? (2017年8月 5日 07:07) | コメント(0)
 更新時の事務所写真の注意点です。その① 業者票:専任の宅地建物「取引士」になっていますか?→2015年(平成27年)4月1日から、「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」に名称変更されました。業者票の名称をそのままにしている会社様も多いです。補足:主任者のままの写真を提出した場合、変更するようにとの口頭注意があります。自治体によっては写真の差し替えを求められることがあります。…

担当行政書士


<折戸美樹>
宅建業経験を活かし、取得後の経営面もサポート

料金一覧表

申請内容 証紙代
(法定費用)
報酬(税込) 合計
新規知事 33,000円 40,000円 73,000円
新規大臣 90,000円 52,000円 142,000円
更新知事 33,000円 42,000円 75,000円
更新大臣 33,000円 54,000円 87,000円
変更
知事・大臣
0円 31,500円 31,500円
保証協会
加入申請
協会による 31,500円 31,500円
賃貸住宅
管理業者
登録手続
9,000円 9,000円

提携企業


    相続対策のスペシャリストとして、有資格者監修のもと相談者の財産診断、生前対策、不動産有効活用、貸宅地の権利調整や有効活用、また相続後でも、相続税申告に関する事を包括的にコンサルティングしております。

    宅建業免許×大阪申請ナビ
    大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀の宅建業免許申請はお任せ下さい!「最良のサービスで、たくさんの感謝を集め、たくさんの絆を結ぶ」をお約束し、経験とノウハウで皆様を強くバックアップします。